So-net無料ブログ作成
検索選択

ウィーン3日目 [旅行]

今日は9時半にホテルロビー集合。

…と聞いて、9時半までまったりしている も〜ではありません(^_^;
以前、ウィーンに来た時にも訪れていますが、
再訪したかった場所へ、朝一で行くことにしました。
行きたい、というお仲間も一緒に、3人で6時半に朝食。
7時にホテルを出ました。

行きたかったのは中央墓地。
街中からトラム1本で行けるのですが、
時間短縮のため、地下鉄とトラムを乗り継いでいきます。

90分乗り放題チケットもありますが、帰りのことを考えると
ギリギリかもしれないので、24時間乗り放題チケットを購入。
チケットオフィス
15.jpg

ホテル最寄りのSchottentor駅からU2(紫色)の地下鉄に乗り
2.jpg
VolkstheaterでU3(オレンジ色)に乗り換え
終点のSimmeringまで。
そこでトラム71番か6番に乗車。
Zentralfriedhof Tor2で下車。
街中からのんびり行っても30分あれば着きます。

Tor1などで降りてしまうと、
墓地の中を延々と歩くことになりますので要注意。

朝7時から門が開いているはずですが、冬の間は8時開門とのこと。
ですが、8時前でも門は開いていました。
ただ、門のところの管理事務所は閉まっていました。
で…通り過ぎようとしたら、ちょうど係のおじさまが出勤。
「地図があるよ」と出してきて3人にそれぞれ渡してくれました。
親切〜。
15.jpg


Tor2(第2門)
8.jpg

門の前にはお花屋さん。
リース形式のものは15ユーロくらいしますが、お花は1本2ユーロでした。
3人それぞれ1本ずつ購入。
5.jpg

第2門を入って、まっすぐ進むと正面にドーム型のカール教会が見えます。
そこまで行く途中の左手が32A区。看板もあるのですぐわかります。
ここに、音楽家がたくさん眠っています。

14.jpg
ど真ん中にモーツァルトの記念碑。これはお墓ではありません。
モーツァルトは聖マルクス墓地に眠っています。

1.jpg
スッペ

4.jpg
ベートーヴェン

11.jpg
ヨハンシュトラウス1世

12.jpg
ヨハンシュトラウス

13.jpg
ヨーゼフシュトラウス

9.jpg
シューベルト

も〜はブラームスにお花を。
10.jpg

この下に眠っているんだなぁ…。なんだか不思議…。

ばたばたとしたお墓参りで
集合に遅れないようにホテルに戻りました。



さて今日はベルベデーレ宮殿へ。
3.jpg

上宮から下宮を
6.jpg

バルコニーからお庭を
8.jpg

ここではクリムトをたくさん見ました。
クリムトの「接吻」
圧巻でした。テレビや本で見るのと全然違います。
ガラスに複製を描いて、後ろからライトをあてているのかと思うほど
立体的に輝いて浮き出ていました。
撮影は禁止なので、ポストカードを買おうかと思いましたが、
実際に見たイメージと全く違うので、やめておきました。
この衝撃は心の中で覚えておくしかないんだなぁ…。


次にハウスデアムジークへ。
音楽に関する博物館。新しい施設です。
音の伝わり方などから、ベートーヴェンがどのように聴力を失っていったか等の
体験が出来たり、直筆の譜面なども多数見ることが出来ました。

9.jpg
シューベルトの譜面ですが
左の下、書いたのに不採用にしている部分があったりして
フフ(^^)ってなっちゃいます。

面白かったのは映像を使ったアトラクション?で
指揮をすると、映像の中のウィーンフィルがそれに合わせて
演奏をしてくれるもの。
ヘタに振ると、途中で演奏をやめてしまい、文句を言われます(^_^;
上手だと曲の最後まで進み、褒めて貰えます。


さて、本日のメインイベントは
楽友協会ホールで15時からのウィーンフィルの公開リハーサル見学。
7.jpg

指揮はマリス・ヤンソンス。
来年のニューイヤーコンサートの指揮者にも決まっているそうです。
本番なんてチケットは取れませんから、貴重な機会。
(先祖代々のチケット枠を放棄する人がいないので常に売り切れ。
運良く何かで取れたとしても数十万するそうです。)

リハなので、ドレスアップも不要。
とはいえ、ジーパンというわけにはいかない雰囲気でした。
11.jpg

曲目は
ストラヴィンスキー 詩篇交響曲
ショスタコーヴィチ 交響曲第10番ホ短調op.93

30分くらいで終わってしまう時もある、と聞いていましたが
フルに演奏してくれました。
特にストラヴィンスキーの方は
バスーンの人に、どこそこをスタッカートで、と指示して演奏させたり
やっぱり最初のでいきましょう、となったり、で
興味深かったです。
ショスタコーヴィチは楽章ごとに通し、最後に何かひとこと
これはこういう風に演奏して、と指示があり、
さっさと進みました。
この曲は何度も演奏しているものなので、
指揮者とオケの意思統一が既に整っているのかな?


今、8日間を振り返って一番、印象に残ったのは、
このウィーンフィルの公開リハです。
本番さながらに演奏しているのを聴けて一生の想い出です(^^)



興奮冷めやらぬ中、1時間くらいの自由時間にクリスマスマーケットに行って
グリューワイン(赤ワインにシナモンやら色々入ったものを温めてあります)。
…でも、も〜はアルコールが一滴も飲めないので(^_^;
キンダープンシュというノンアルコールのものをチョイス。

グリューワインを飲んだ人の感想は…う〜ん…今ひとつ。
そしてキンダープンシュも…う〜ん…シナモンが…きっついです。

これらは、飲み物そのものの値段に、カップの値段3ユーロくらいを加算して購入。
カップを返せば返金されますし、おかわりの時はカップを差し出すと
飲み物の値段だけで大丈夫。
もちろん、カップをおみやげに持ち帰るのもありです。
各マーケットごとにカップの形が違うので良いおみやげかも。
10.jpg
ここはブーツ型。
市庁舎のところは、ハート型でした。


さて〜最後の夜はウィーン最古のレストラン、
Griechenbeisl グリーヒェンバイスル へ。
5.jpg

ここには、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト、ヨハン・シュトラウス、
ブラームスなどが、壁にサインを残しています。
サインのある所には入っていけませんでした。残念。
でも、まさにここの場所に楽聖たちが集っていたのね…と思うと
それだけでもう…満足でした。


今日は朝から盛りだくさんの一日でした。
明日はいよいよ帰国。
ですが、おとなしく帰国する も〜ではないのでした(^m^)
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 2

ゆきち

これまたウィーンフィルとは贅沢な^^
父がクラシック好きだったのでCDはたくさんありました♪
グリューワイン、私もいまひとつ好きではないです^^;
by ゆきち (2015-12-09 21:02) 

も〜

ウィーンフィルは別格、とよく評されますが
あぁそうなのかも…と思う演奏でした。
前日のオペラで演奏していた人も何人かいたように思います。
体力もすごい…(・o・)

グリューワイン…ねぇ(^^;
日本人に馴染みのある味ではないような…ねぇ。
by も〜 (2015-12-10 10:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント