So-net無料ブログ作成

施設を決めました [介護]

まる2日、朝から夜まで動き回って、
包括センターやら居宅介護の事業所やらグループホーム、老健、小規模多機能施設…
あっちいったりこっちいったり、また戻ったり…。

自分はストレスには強い方だと思っていますが、
さすがに今回はダメかと思いました(>_<)
全く寝ていないのに眠くない、身体の芯から疲れている、
みたいな異常事態。
でもなんとか乗り切りました。


最終的に候補に残ったのは

家から少し離れたグループホーム
家の近くの小規模多機能施設

の二つ。


グループホームの方が2万円くらい安く、通院の介助も施設側でして貰えます。、
ですが、何かでもし母が出向くことが必要になると、
タクシーで5千円近くかかってしまいます。

小規模多機能は予算オーバーでしたが、
とにかく施設のケアマネさんの気配りがすばらしく
一度お話したことは全部覚えていてくれて
色々な提案をして貰えたことが決め手の一つになりました。
本来、小規模多機能はずっと居続ける施設ではないのですが、
時々家に戻れば長くいられるようです。
家に戻る、というのも、施設で夕食を食べてから送ってきて貰えて
家では寝るだけ、そして翌朝また迎えに来て貰える、という流れに出来るとのこと。
施設にいる間も、普通のデイケアに参加するので、
グループホームのようにボーッとしているイメージはありません。


結局、小規模多機能に決めました。
宿泊代が1泊3000円なので、
夕食後に家に帰って寝る、翌朝だけ家で食べてまた施設に戻る
ということで3350円(朝食は350円)の節約です。
1ヶ月2回だと7000円近く節約出来ます。

父が家にいる間、母のストレスがひどく、常に怒っている状態で
ひどい時は「死んで!」と声を荒げたりしていたので
本当ならずっと2人を分けておきたいところです。
ですが、父がまだ認知症の進行度合いがひどい状態では無いので
家に帰りたい思いがあるかもしれず、
月2回、母に我慢してもらうのも、後々後悔しないためにも必要かな、と
思いました。


これから、施設に提出するための診断書を取りに行ったり
様々な手続きがあり、今月末くらいまではバタバタです。
両親の居室も、ゴミ屋敷まではいきませんが、ひどい状態なので
片付け業者に頼むしかないかも。
その後に家具移動も依頼して、父と母の寝室を分けることにします。
そうなると、父の寝室にしようと思っている部屋にエアコンを付けねばならず
これらだけでも大きな出費。
でも母の心の状態を考えると、こうでもしないと、
月2回家に戻すのは難しくなるので,仕方ない…。


小規模多機能に入れば自動的にその施設のケアマネさんに変わるので
父の方は解決ですが、母の方はそのままです。
今後、母もどんな状態になるかわからず、
今のケアマネさんではやはり不安なので、
市の包括支援センターに他のケアマネさんを探して貰っています。

7月中に諸々決まると良いなぁ…。
私はとにかく,頑張って働いて介護費用を稼がねば!!デス。
nice!(14)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

とどめの一撃 [介護]

ケアマネさんから連絡。
「ここ(ケアマネさんの事業所)に、小規模多機能の施設から『空きがある』というハガキが来たんです。見学に行ってみてください。」

そして今朝、見学に。
綺麗な施設で、対応してくれた人も感じのいい人。名刺を頂いてこちらの情報を用紙に書き始めたら…
「えっ!○○市なんですか??ここは小規模多機能施設なので、▲▲市の人しか入れないんですが。」
へ???
これがとどめの一撃となりました。
いくら何でも知識不足!もうダメ、ケアマネさん替える!
とその足で市の包括支援センターへ。

事情を話したら、親身になって聞いてくれて
ケアマネさんを替えることの段取りについての説明を受け、
金額的に厳しい中、色々な施設を当たってくれました。
その中で、唯一空きがあるという小規模多機能の施設へ。
でも料金がネックで断念。

事情を話したら、施設の方が「系列のケアマネさんを紹介するから相談してみては?」と言ってくれたので、そこの事業所へ。
今のケアマネさんより年上で肝っ玉母さん風。
ここでもじっくり話を聞いて貰えて、色々施設を探してくれましたが空きがなし。
1週間待ってください、と言われ
その結果を包括支援センターに報告に行って、担当さんと話していたら
グループホームに空きがある、今日見学行ってみては?と肝っ玉母さんからの電話。
早速移動。

グループホームのケアマネさんもとってもいい人でした。
ここでいいかな…と、とりあえず動いて貰うことに。
でもちょっと引っかかっているのはグループホームであること。
基本的にレクやリハビリは無く、日々を過ごす、という感じ。
朝起きて、朝食べて、昼食べて、お風呂入って、夕食食べて寝る、というイメージ。
完全にボケてしまったら、それもいいのかもしれないけれど…。

それから家に帰ってきたら、今のケアマネさんからポストに手紙が。
朝行った施設からケアマネさんに「▲▲市の人しか入れない」と連絡があったらしく
「リサーチ不足で申し訳ありません」と書いてありました。
そして、小規模多機能の施設を2つ書いてあり「見学に行ってみては?」と。

一つは家に近い所だったので、まぁ行ってみるか、と再度出掛けました。

そこのケアマネさんもとても親身になってくれましたが
料金的にやはりオーバー。
気の毒がって「身体に気をつけないとね。」と何度も言ってくれました。


そして帰宅したのが20時過ぎ。
今日は12時間弱、施設のはしご(-_-;)
クタクタです。

母とも話して、やはり金銭的に1番低い(14.5万くらい)、グループホームを
第一候補にして動いて貰おうかということになりました。

ただ、小規模多機能の方が毎日のレクが充実していて
諦めきれないところもあるので、
明日、肝っ玉母さんケアマネさんに電話して、小規模多機能の空きを再度確認して貰ってから
最終決定することに決めました。


はぁ〜。
介護ってホントに分からないことだらけだし、お金もかかるし、
選択肢がややこしくて、どれをどう選んでもなにかしら後悔する感じです。
精神的にキツいな…。
nice!(11)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

退院しました [介護]

ペースメーカー付きの婆が退院。
案外早く出てこられましたが、出たら出たで諸々心配です。
とりあえず、スマホで電話が出来る様にレクチャー。
私がいない間に何かあったら、即電話出来るように。


ペースメーカーを入れていると障害者手帳を持つんだそうです。
昔は、ペースメーカーの人は1級と決まっていたらしいのですが
現在は、1,3,4級のどれかになるそうです。
その人にとってペースメーカーがどれだけの重要度か、ということかな。

手帳を持っているとタクシーに割引があったり、医療費も減額出来る様です。
申請が通れば詳しい資料を貰えるはず。また勉強だ。


爺の方はもうどうなっているのか全然わかりません(-_-;)
以下、完全に愚痴です。

まずは…老健Aのショートステイを7日まで延長出来ることに。
「ここは老健Bに比べ、2泊3日でも5000円近く高いので
なるべくならBに移らせて欲しい」
と言ったのに、ケアマネさんは
「Aを21日まで延長出来ました〜!」
と。Bに当たってくれたのかなぁ(>_<)

「介護度を3に上げて、特養に入れるようにしますから
認定調査を市に依頼しました」
そして認定調査が終わり、再度連絡。
「主治医の意見書が要るそうですので、病院にお父さん連れて取りに行ってきます。
料金がかかっちゃうんですが大丈夫ですか?」
仕方ない…。仕事休めないし…。

そして主治医の所に行って貰いました。
「お父さん、お財布持ってなかったんですよ〜。だから受診料はツケにしてきたので
払いに行って貰えますか?」
えーーー事前に言っておいて貰ったらお財布渡したのに。
認知症でショートに入っている人に普通お財布渡さないでしょうよ(-_-;)

さらに
「主治医の先生は、家族が来ないと意見書を書けないとのことなので
行って貰えますか?」

仕事で行けないからお金払って頼んでいって貰ったのに…。
私が仕事を休める木曜日はそこの病院がお休みなのです…。
「そうですか〜。まぁ(そもそも)お父さんの状態では介護3は難しそうなので…」
えーっ?そうなの?
「ここは仕切り直しで、老健に3ヶ月入っておいて、その間にまたゆっくり考えましょう」
でもさぁ…老健は3ヶ月で出されるんでしょう?
その後はどうするの??
そして、料金はいくらかかるの?
そういった内容は何も教えてくれません。

「ショートを伸ばすのと老健に入るのとでは、料金的にはどうですか?」
と聞くと
「老健の方が安いと思いますよー」
それで終了。

うちが借金を抱えて大変なのは、月々の返済金額も伝えてあるし
全部知っているはずなのに…。
話、聞いてないのかなー。


ケアマネさんに不信感が積もる一方。
これではダメだ、自分がイヤな思いをするだけなので、解釈を変えようと思ってみましたが
でもやっぱりおかしい…と感じてグルグル考えっぱなし。

はぁ…まぁ…仕事を頑張って早く借金を返し終えます!
nice!(10)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

経過 [介護]

母のペースメーカーの埋め込み手術は無事終了しました。

火曜日、目眩がする、気が遠くなる、という症状で、タクシーでかかりつけ医へ。
過去に都内病院で弁膜症の手術をしているので、心臓はずっと観察していたため
今回もすぐに心電図。
完全房室ブロックで、「今ここにいる(生きている)のが不思議」といわれ
救急車で、別の大きな病院へ。

そこでも、このままだといつ心停止になってもおかしくないとのことで
同意書無しで緊急手術。
仮のペースメーカーを装着。

私は火曜日、仕事を終えてから23時過ぎに病院に駆けつけ
同意書やらなにやら書類を片付けたあと
循環器の当直医から説明を受け、終わったのは夜中の1時過ぎ。

水曜は仕事の合間に諸々準備、ケアマネさんとの話し合いなど。

木曜はペースメーカー埋め込み手術。
2時間と言われていましたが、3時間ちょっとかかりました。
術後の説明によると、
最初に、リード線を通す血管がなかなか見つからず
時間がかかったそうです。
その間、ピッチを持たされ病院内で待機。
3.jpg
めったにこんなの掛けないので、セルフィー(^^;

母は脳腫瘍、子宮筋腫、弁膜症、乳がん2回、の手術をしていますが
私が手術日に立ち会うのは、今回が初めて。
験を担いで、敢えてそうしていたところもあるので
今回、立ち会わなくてはいけないやむを得ない状況ではあるけれど
いやぁな感じがあり、そわそわ。
ストレスからか、むちゃくちゃ食べてしまいました(><)

手術室から呼び出しがあり、行ってみると
朦朧としてはいるものの、意識もあり、普通に寝ているイメージでした。
弁膜症の時は、数日ICUで意識もしばらく戻らず
手術翌日に行って見たとき、「生きてるのかな…」と思ったのですが
それとは全然違いました。

すぐに部屋に戻され、少しすると会話も成り立ちました。
ペースメーカーが動かないように、胸帯できつめに締めて
右手(本来は左に埋めるので左手ですが、乳がんの手術跡があるため右にしたそうです)を
動かさないように固定されました。

ごはんは夕食から普通食!
左手を使って自分で頑張って食べていました。


さて父は水曜からショートステイに入れて貰い、
7月7日まで部屋が確保出来ていますが
6月分の利用が、保険でカバー出来る範囲を超えてしまうので
介護保険を使う利用より、5万円くらい高くなるそうです(><)
入院費もあるし…頭が痛いです。

今後、母が退院してきても、とても面倒見られないということで
介護認定の見直しを申請中。
これで介護3まで上がれば、特養に入れる可能性が上がります。


母の主治医曰く、ストレスは大敵とのことで
父のことに関しては、今が決断の時かなぁと思いました。
とにかく、ほとんど常に母はイライラしていたのでストレスは激減するはずです。
母には
「(父を)施設に入れるの、かわいそう、と思う?」
と聞いてみましたら
「全然。全く思わない。」
ときっぱり。
ケアマネさんも
「はっきり言って貰えると動きやすいわ」
とのことでした。


退院までに、私は書類の手配や申請を出来るだけ済ませないといけません。
と同時に、ゴミ屋敷と化している親の居住域の片付け!!
睡眠時間が全然足りず(;_;)、電車では座ると同時に爆睡しています〜。

出勤せねば!
今日もがんばりま〜す(^^)
nice!(13)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

またもや手術 [介護]

昨日、バイト終えたら着信が10件以上。

A病院、ケアマネさん、B病院から。

私が出掛けたあと、
母の具合が悪くなり、タクシーでA病院に行ったそうで、
そこで、完全房室ブロックと診断、B病院に回され緊急手術。
仮のペースメーカーを入れたそうです。

バイトは21時までだったので、それからB病院と連絡取って
23時半過ぎに病院へ。

医師から病状の説明。
木曜日に、恒久的に使用するペースメーカーを埋め込む手術とのこと。

母の入院中、父はショートステイに入れなくては…。
とても怖くて家に一人で置いておけません。
今日中にケアマネさんに手配して貰わないといけませんが
ケアマネさんが動いてくれるかどうか…(>_<)

結局、今日は1時間しか寝ていない中、出勤です。
今日はバイトと本業の二本立て。
その間にあちこちに電話連絡したり、必要な物を買いにいったりで
朝からピリピリモードです。はぁ〜。頑張るぞ!!
nice!(9)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

ショートステイ先 変更 [介護]

月2回、2泊3日のショートステイをお願いしていた施設。
今後、ショートステイの受け入れを縮小するとのことで
別の施設にお願いすることになりました。
今日夕方、契約の書類を交わしに家に来るそうです。

以前の施設は、週3回のデイケアでも通っていたところなので
何かと共通のことが多かったのですが
今後はややこしくなります…。

一番困ることは、受け入れ可能かどうかが前月20日になるまでわからないこと。
つまり、6月の受け入れは、4月に申し込めますが、5月20日にならないと
OKが出ないのです。
何も無ければそれでも良いのですが、
婆を病院に連れて行く時など、爺を一人で家に置いて行けないので
ショートにお願いする場合などは、間際になって
「ショート不可」と言われても困ってしまいます。

本当に、様々な事が施設によって色々です。
も〜のように個人事業主ではなく会社員だったりしたら
もっと大変なんじゃないかなぁ…。
平日に家に居る、なんてありませんからねぇ。

爺の認知症は、緩やかに進行中。
言われたことに返事をしますが、全然通じていない、が日常になっています。
「ゆづのお水、替えてやって」
「うんそうだな。」
で、そのまま寝室に行って寝る…みたいな感じです。
やれやれ┐(´-`)┌
nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ショートステイ [介護]

爺は、デイサービスの他に、月2回、2泊3日のショートステイに行っています。
曜日は固定しておらず
爺が家で一人にならないように、婆と私の都合に合わせて取るようにしています。

昨日、ケアマネさんから連絡あり。
「(利用している施設が)今後、ショートステイの受け入れを減らすようです。
また、定期利用(固定曜日)の人を優先にするようなので
も〜さんの様な利用は、難しくなると思います。」

そこで、ケアマネさんの提案は、他の施設に移ること。
「ここはどうですか?」と具体的に提案があったので
「婆と相談してまたご連絡します」とお返事。

ところが、ネットでその施設を見てみたら…
今までの施設では520円だった居住費が、なんと2500円(>_<)
これじゃとても無理です…。

その旨、ケアマネさんに伝えると、
「え?あぁそうなんですか。あ〜個室だから高いのかな。」
と。
高齢者にとって500円と2500円は大きな違いだと思うんだけどなぁ。
そういう所を踏まえて案内してくれたら良いのに…。
爺の作った借金を返済中なので、金銭的に余裕がない、ということも
伝えてあるのでなおさら配慮があってもいいかと…。う〜ん。

何はともあれ、別の施設を探してくれるということでした。

そしてまた連絡。
AB二つの施設を案内して貰えました。
どちらも居住費は900円弱で、それならなんとか。
しかしそれの保険内の部分が、またごちゃごちゃ。
Aは療養介護で、Bは生活なんとか…とか言ったかな…。
同じショートステイでも、保険の点数計算が違うとかで、
保険内でも微妙に料金が違うのです。
あぁ〜もう…。一覧にして説明して欲しい…。
電話で即回答せよ、と言われても…。

…ということで、またもやネットとにらめっこ。


ケアマネさん次第で、
色々なことが楽になったり混乱したりするんだなぁ…。
はぁ〜。
介護っていうのは、体力的にも金銭的にも堪えますが
わけがわからない、っていうイライラも精神的に結構キます(-_-;)
nice!(9)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

徘徊? [介護]

ここのところ爺に、徘徊?と思うことが頻繁に起こります。

夜中3時頃、何か音がすると思って階下に降りていくと
お風呂に入っている、とか
朝方4時頃トイレに行ったら、家中の電気があちこちついていて
台所の床にぺたんと座っていたり…。

お風呂の時は「?」と思いながらも、無視していましたが
台所の時は母が気付いて起きていき「何してるの!」と言ったら
「ゆづが吐いてあったから片付けてた」と。
でも吐いた形跡は無し。

それ以外にも廊下でボーッと立っていたり、ということがあったので
ケアマネさんに相談。
「あ〜。本人なりには理由があるんですよね〜」と。
徘徊です、とはっきりと言いませんでしたが、
そうなんだな…と受け取れる言い方でした。

とうとう来たか…(-_-;)

ここまで来たら、一人で家に置いておくのはもう無理だね、と
婆と話しました。
今は爺と婆のデイケアとデイサービスが別の曜日だったのですが
これからは同じ日にして、
その日は私が家にいてゆづを見ていることにします。
どうしても、ゆづを一人で置いておけない過保護過干渉な下僕です…。


病院でも相談をしたところ、
今飲んでいるアリセプトからメマリーという薬に変更になりました。
調べてみたら、中程度以上の認知症薬みたいです。
先生からは「アリセプトが徘徊を引き起こすこともある」とのこと。

ネットで調べてみると、アリセプトとメマリーは併用することも可能、と
ありました。
沢山飲んだら、進行がより遅くなるようなイメージを持ってしまいますが
まぁ、薬も沢山飲みすぎても…だな〜と思い直しました。

借金を返済し終わって、生活を立て直すくらいまで…
せめてあと2、3年は
家で見られるくらいに留まっていると良いけど…。
nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

ショートステイ [介護]

婆のストレス軽減目的で、認知症の爺をショートステイへ。
毎月、2泊3日で申し込むことにしました。

11月は取れましたが、12月は満員ということでキャンセル待ちをしています。
年末はみんないろいろ忙しいから、
家に置いておくより…ということでショートステイも混むのかな(^^;

11月末に行ったショートステイ。
婆はそれはそれは喜んでいました。
「自分のペースで生活出来るのが本当に嬉しい」とのこと。
爺がいると、食事だのなんだので婆のやりたいことが中断されたり
そもそも取りかかれなかったりすることにストレスを感じるようです。
やりたいこと、といっても、その辺りの掃除だったり、
ちょっとしたお裁縫だったり…なんですが。

そして思いもかけず、私も。
なんというか…気分がとても上がる感じ。
婆が機嫌が良い、というところからきているのかもしれません。
いつも、帰ると婆がぐったりしていて、愚痴も聞いたりして…
という日常から解放されたのが影響しているのかな。

帰ってきた本人の感想は
「何もすることがなくて、暇だった」とのこと。
いつもうちで、ボーーーっとしてるくせに(-_-;)
次回からは、大人の塗り絵とか、本などを持たせることにします。
nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

献体 登録 手続き完了 [介護]

爺と婆の献体の手続きが完了しました。
も〜も一緒に申し込もうと思っていましたが、60歳以上ということなので
まだもうちょっと先です(^^;

2.jpg
会員証とかバッジ、連絡手順を書いたものなどが送られてきました。
中に冊子(季刊かな?)も入っていて、今後は定期的にそれが送られてくるようです。

内容は、医療関係の偉い人の寄稿や、献体の実情など色々ですが
献体実習に臨んだ医学生の感想文もたくさん載っていて、これがなんとも興味深い!

1.jpg
私たちは死ぬと誰でも「先生」になるんだぁ〜。

たくさんの感想文を読んでいると、献体することに意義を感じられるというか…
やっぱり献体することに決めて良かった、と思えました。

nice!(10)  コメント(0)