So-net無料ブログ作成

介護福祉士さんと面談 [介護]

6月の介護計画書の確認に来て欲しい、とのことで
オフの今日、婆の通院後に行ってきました。

婆は、爺と会いたくない、というので車で待機。
でもちょうど寝ている時だったので、私も爺には会わずに
福祉士さんとの面談だけ。

オムツの話になり、
「ご自宅に届いたオムツを施設に持って来るのが大変であれば
ここに直接届くようにしても構いません」とのこと。
施設のオムツは高いので、アマゾンで買っています。
配送を施設に変更しても今まで通り買えるのかな?
調べてみて、大丈夫であったらそうしようと思います。

どのくらいを消費するか、という話になって
パッドは1日15枚、パンツは1日3枚あれば…とのことでした。
「夜用のパッドがあればもう少し枚数が減りますか?」と聞いたら
「夜用を使うと、職員が横着して替える回数を減らしてしまうので
普通ので良いですよ!」とキッパリ。
そうなんだ…。
ちょっと厳しい言い方だったので、怖かった…^^;


母の方は、リフレックスという鬱の薬が効いてきたようで
今日は
「お父さんに会うのは嫌だけど、買い物は行きたいから
帰りにスーパー行こう。」
と言っていました。
このままずっと飲み続けることに不安もありますが
まぁ本人の様子が上向いているので、しばらくは良いのかなぁ。
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

介護認定調査 [介護]

1年経つのは早い。
また認定調査員さんが来訪。
ケアマネさんも同席。

前回とは違って、今回の方は、
「この項目は前回と同じで、ここは全介助に上げておきます。」
と、全部説明してくれました。

あとは主治医の意見書で、介護1が無事にもらえれば良いのですが。


1ヶ月ぶりに来たケアマネさんは、婆の様子を見てびっくり。
鬱っぽいですね…と。

薬剤師さん曰く、鬱の薬は、効いてくるまでに1週間くらいかかるとのことなので
もう少し辛抱してくれないと…。

認定調査の方が帰られたあと、ケアマネさんと今後について相談。
今は、週2回2時間ずつのリハビリと、週2回1時間ずつのヘルパーさんの
利用ですが、まだ保険に少し余裕があるそうなので
もう1日、リハビリではなくゆっくり過ごすための施設を探してもらうことにしました。

爺の施設は、月に1回お出かけの日が設定されていて
通いの人も止まりの人も、希望すれば誰でも無料で参加できます。
6月はドイツ村とのこと。房総半島の真ん中にあるテーマパークです。

婆にもそういうお出かけが出来る施設を探してもらっています。
他人との交流は割と好きな人なので、良いところが見つかって新しい出会いがあると
気分も上向くかもしれません。
nice!(10)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

老人性うつ [介護]

婆の身体と心の調子が悪く「死にたい」が続いています。

冷たいようですが…そう言われても…。
私が仕事をせずに家にいて、あれこれ世話焼きすれば改善するんでしょう。
でも仕事しなければ無収入に…。

病院に連れて行けば、先生も困惑するほどのネガティブ発言。
処方された薬は飲むと具合が悪くなる、気持ちが悪い…。
脳梗塞予防の薬はあまりにも本人がイロイロ言うため
取りやめになりました。
その代わりに処方されたのが、うつの薬。

老人性うつ、という状況らしいです。

施設に入ったら、ずっと目が届くという安心感もあり
あれこれと話しかけてもらってご機嫌もよくなるんだろうなぁと
思ったりしますが…。
宝くじでも当たらない限り無理…。

薬が効くと良いですが、昨日も、
「何も食べられない、一日寝ていた、具合が悪い…」
でした。

はぁぁ〜この先どうなるのだろう。
nice!(10)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

認知症テスト [介護]

婆がおかしい…。

物差しを前にして「何度やっても測れないんだよ…」
と、不思議そうな顔。

この頃、なんだか話が噛み合わない時もあるし
認知症の始まりにちがいない!と思い
「脳の検査に行こう」
と認知症に詳しい先生のところに連れて行きました。

私も一緒に診察室に入りました。
先生「今日はね、ちょっと健康診断をしましょうね。」
「物忘れをするようになったなぁと思うことはありますか?」
などなど本人に質問。

その後、検査に行きましょう、と連れ出され
私だけ診察室に残されました。
そして、認知症を疑う理由、エピソードなどを話しました。

婆は脳のCT、尿検査、などの後、
私も合流して記憶力の検査。
長谷川式スケールというもののようです。

看護師さんから
今日の日付け、曜日、今いるところはどこですか?
などを聞かれ、その後に…

「後に続けて言ってくださいね。さくら!」
「さくら」
「ねこ」
「ねこ」
「電車」
「電車」
こんなやり取りの後、
100から7を引いてください、さらにそれから7を…
と続き、

「今から言う数字を逆から言ってください、6、8、2」
「2、8、6」
というテスト。
私も後ろでドキドキしながらやってみました^^;

その後、先ほどの3つの物の名前を再度聞かれ、婆は
「ねこ………さくら……あとは…」
「乗り物ですね」
「あ!電車!」

次に、中に
スプーン、歯ブラシ、鍵、時計、鉛筆 が入っている緑色の箱が出てきて
一通り、物の名前を確認したあと、蓋を閉め、
「はい!何が入っていたでしょう?」
と聞かれていました。

次は「野菜の名前を10個」言わされていました。
私も心の中で参加^^;

これでテストは終わりです。
婆は「電車」が出なかっただけで、他は大丈夫でした。


そのあと、また診察室に呼ばれ、
「健康ですね。記憶力もいいですよ!
でも脳のCTで小さな脳梗塞が見られます。ごく最近のものです。」
とのこと。
自覚症状もなかったかもしれないくらいのもので、
おそらく、おかしかったのは、これが原因かも、とのことでした。

心臓でもたくさんの薬を飲んでいますが、
さらに、脳梗塞予防のお薬が出ました。


あぁホッと一息。
認知症の親を二人抱えて生きていける自信はありません(TT)
nice!(19)  コメント(7) 
共通テーマ:日記・雑感

グループホーム [介護]

小規模多機能の「通い」と「泊まり」を月30回利用していた爺。
グループホームに移りました。

月1回の自宅への戻り、迎える側の母がもう無理な状態になっているため
特例で60日以上、泊まりを続けていましたが
いつまでもそういう訳には行かず、
自宅に戻らなくてもいい施設を探していました。
介護度はまだ1。

認知症は進んでいますが、身体は元気なので
まだしばらくは介護度に変化もなさそうで、
特養の順番待ちの列にも並べません。
(並べたとしても200人待ちと言われました)

小規模多機能のケアマネさんから事情を話してもらいましたが
女性ならなんとかなるけれど男性は…と言われたそうです。

仕方なく、小規模多機能に併設されているグループホームに移ることになりました。
特養と同じように、自宅に戻ることなく過ごします。
ネックは金額だけ。

小規模多機能をフルに使っている時から更に2万円ほど上がります。
17万近く…。
はぁぁぁ〜。でも仕方ない。私が頑張って働くしかない。

でもまぁやっと決まってホッとしたのも束の間。
「ベッドは自動のものがいいのですが…」
と連絡が。
グループホームはベッドや家具を部屋に持ち込むのですが
家で使っていた普通のベッドを持ち込んだところ、
「血圧の高い時に頭を上げて寝ていただくため、
介護ベッドが良いのですが…」
はぁ??>_<

いえちょっと…難しいので、このまま出来るだけお願いします、と
はっきり伝えましt。

あ〜(ーー;)
こうやってどんどんお金がかかっていくんだろうな
nice!(16)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

低空飛行 [介護]

母は低空飛行ながら一応安定。

ただ、循環器内科の先生によると、
薬でも治るわけでなく、
疲れたから失神した、というわけでもなく
何かの拍子に先日のようなことが起こると命が…
とのこと。

命の終わりを考えながら、毎日過ごすのはキツい…。
でも親なので仕方ない。
夜中に家に帰って来たら…ってなるのはつらいな。
そもそも夜中に帰って来ても婆の部屋を覗かないので
翌朝、発見することになるのか…とか…。
でもそうやって考えておかないと、多分、パニクる。


父の月1の一時帰宅は、婆が対応出来ないので、無理、ということで
役所には事情を話して、次の施設が見つかるまで
しばらく特例としておいてもらえる事になりました。
特養に入れたらいいけれど、まだ介護3にはならない状態で
グループホームを探さないといけません。
でも今以上の金額は出せません。
婆もいつどうなるかわからないし…。

ふぅ…。
結論!
色々心配しても、どうなることでもないので
毎日頑張って仕事して、ちょっとでも貯金を増やす!
心を病まない程度に、時々息抜きする!
nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

どうしたらいいのか [介護]

新年から不景気な話ですが…

12月初旬から体調崩して、鼻喉目、完治するのに3ヶ月と言われました。
薬でなんとか生活している最中、今度は婆が倒れました。

前々から決まっていた循環器科(心臓)の診察。
診察室前の椅子で待っていました。
受付番号が表示され、
「ねぇ何番だっけ?」と話し掛けても無反応。
寝ているのかと思って揺すっても起きず。
慌てて看護師さんを呼んで救急外来にストレッチャーで運ばれました。
いわゆる、失神です。

救急の先生が処置。
その後、担当医も来ました。
心臓から送られる血液の出口の周りの筋肉が硬くなり
出口を圧迫していて、血液が送られにくくなっているとのこと。
高齢なので、この状況がまた起こった時に
延命するかどうか、話し合った方がいい、と言われました。

え????
でも治療したら、こうして歩いて喋って食べて…
若い人のようには活動できないけれど、普通に生きていけるのに
処置しない、っていうことがあり得るの???

その時はバタバタしていて、話を聞くだけで質問もできなかったのですが
後から考えると疑問がいっぱい。

弁膜症の手術をしてもらった心臓血管外科の先生の意見も聞きたくて
今月初旬に予約を入れました。

循環器の先生曰く
「薬を飲んで改善される見込みは低いけれど、一応飲んでみましょう」とのこと。
年末年始なので手続きも難しいため4日まで入院、と言われました。
ですが婆が「ゆづが一人なので帰りたい」と猛アピール。
年末に退院して来ました。

体調は確かにいまひとつですが、
「補聴器の調整に行きたい」とか「お赤飯炊くから小豆買って来て」とか
気持ちも前向きだし、まぁまぁ普通にしています。

ただ、施設に入っている爺の一時帰宅などには対処が難しそう。
となると、爺も施設の変更をしないといけないかも…。
今は小規模多機能の宿泊を月29日使用している状況なので
月1回は必ず家に戻らないといけません。
帰ってこない状況にするには、グループホームに入所するなどを考えねば。
とすると今より更にお金がかかる…。

婆もこの先どうなるかわからないし、もうどうしたらいいのか。

介護って、お金がないと選択肢が狭くなって
家族にかかる負担は増える一方。
頭がいたいです。

まずは4日に婆のケアマネさんと相談。
10日に心臓血管外科の先生と相談。
その後に爺のケアマネさんと相談。
という手順にしました。


年末のゆづの家族記念日も何もしてあげられず
ゆづが不憫でなりません。
1ヶ月遅れで何かしてあげようと思います。
nice!(19)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

補聴器 [介護]

咳は一向に治らず。
咳1回につき2kcal消費だというので、
またカロリー消費出来た(ーー;)と思う様にしています。


さて、最近の婆とのやり取りは…

「耳が全然聞こえない。」
「補聴器、調整に行けばいいじゃん。」
「何度やってもダメだからもういい。」

また翌日
「耳が全然聞こえない。」


…という負のループ。
婆の使っている補聴器は、補聴器としては最低ランクのもの。
右耳はほとんど聞こえないため、
左耳だけに装着するもので5万円くらいだったと思います。

新しくするしかないか、と思い、眼鏡屋さんへ。
安いものでも高いものでも、音自体を大きくする機能に大差なく、
違うのは、雑音を排除出来るかとか、
どの部分の音をよく聞きたいかなどの調整が出来ることだそうです。

お勧めは24万くらいのもの。
あ〜やっぱりね>_<
スマホでも自分で調整が出来る、ということなので
その機能は必要ありません、と言ったら
1ランク下の22万のものを勧められ、それを購入。
(補聴器は消費税がかからないので、そのまま22万円。)

難聴で身体障害者手帳があれば1割で購入できるそうですが
婆の持っているのは心臓に関してなので、もちろん控除なし。

でもまぁ毎日使うものなので、これで少し聞こえる様になってくれたら
無駄な出費にはならないかなぁ…。
はぁ〜…働けど働けど…

nice!(13)  コメント(3) 

ヘルパーさん [介護]

今日はオフ。
婆の眼鏡を作り替えに眼鏡屋さんに連れて行きました。

「目がぜんぜん見えない」
「眼鏡がぜんぜん合ってない」
「テレビも見えなくてつまんない」

こんな愚痴を聞くのにうんざり(ーー;)
「眼鏡作りに行こう」

そういう私に
「高いからいい。いらない」

そしてまた
「目がぜんぜん見えない」
に戻ってループ[もうやだ~(悲しい顔)][もうやだ~(悲しい顔)][もうやだ~(悲しい顔)]

もうこりゃダメだ、と何も言わずに車に乗せて眼鏡屋さんへ。

視力検査やらフレーム選びやらで、ご機嫌(ーー;)
あ〜もうやれやれ(-_-)

結局、眼鏡屋さんの入っているショッピングセンターの
夏物のバーゲンで洋服も買い、嬉々として帰宅。
疲れます。


久々に一緒にいて話がたくさん出来たので、ヘルパーさんの感想を聞いてみました。
話はたくさん出来ているようです。
洗濯はタオル類のみほしてもらって、その他、下着などは婆が干しているとのこと。
掃除は掃除機をかけるのみで拭き掃除などは無し。
掃除機をかけるにあたって、何かものをどかさなければいけない時には
その都度「これを触っていいか」と聞かれる。
いろいろ気を遣っているのがわかる。
などなど、言っていました。

お風呂の件は
「裸見られるの、いいの?」と聞くと
「え?あ、そうか、入ってくるのか…」
「別の部屋には居ないでしょ。」
「ちょっと考えるわ」
とのこと。
別の人で、と言うことに遠慮があるのかなぁ…。
またお風呂の見守りを頼む時になったらじっくり話してみます。



JR某駅のエスカレーターのベルト、可愛いです[黒ハート]
IMG_3913.gif
「手すりにつかまろうキャンペーン」の一環かな。
nice!(16)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

まさかの… [介護]

ヘルパーさんが来ました。
私は仕事に出ている時間なので、会ってはいません。

契約の時にいらしていた方は、ヘルパーさんではなく
事業所の代表の方だったようです。

ヘルパーさん初日、やって来たのはまさかの…男性!
婆から慌てたLINEが入っていました。

契約時には週2回、掃除や洗濯を一緒にやる、ということになりましたが
下着とか婆は平気なのだろうか…。
更に、冬になったらお風呂の見守りもお願いするのに
男性でいいのか…。

まぁお仕事なのだから、ありなのかなぁ。
私はなんとなく、不安。
婆自身は、お掃除して綺麗になって嬉しい、とのこと。
男性であることは、気にしていないようです。

ヘルパーさんも猫様と暮らしているそうで、
ゆづのことも可愛がってくれます。
その点はポイント高いです^^;

まぁ何度か来て頂いて、
その後に婆にまた感想を聞いてみようと思います。
nice!(14)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感