So-net無料ブログ作成

低空飛行 [介護]

母は低空飛行ながら一応安定。

ただ、循環器内科の先生によると、
薬でも治るわけでなく、
疲れたから失神した、というわけでもなく
何かの拍子に先日のようなことが起こると命が…
とのこと。

命の終わりを考えながら、毎日過ごすのはキツい…。
でも親なので仕方ない。
夜中に家に帰って来たら…ってなるのはつらいな。
そもそも夜中に帰って来ても婆の部屋を覗かないので
翌朝、発見することになるのか…とか…。
でもそうやって考えておかないと、多分、パニクる。


父の月1の一時帰宅は、婆が対応出来ないので、無理、ということで
役所には事情を話して、次の施設が見つかるまで
しばらく特例としておいてもらえる事になりました。
特養に入れたらいいけれど、まだ介護3にはならない状態で
グループホームを探さないといけません。
でも今以上の金額は出せません。
婆もいつどうなるかわからないし…。

ふぅ…。
結論!
色々心配しても、どうなることでもないので
毎日頑張って仕事して、ちょっとでも貯金を増やす!
心を病まない程度に、時々息抜きする!
nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

どうしたらいいのか [介護]

新年から不景気な話ですが…

12月初旬から体調崩して、鼻喉目、完治するのに3ヶ月と言われました。
薬でなんとか生活している最中、今度は婆が倒れました。

前々から決まっていた循環器科(心臓)の診察。
診察室前の椅子で待っていました。
受付番号が表示され、
「ねぇ何番だっけ?」と話し掛けても無反応。
寝ているのかと思って揺すっても起きず。
慌てて看護師さんを呼んで救急外来にストレッチャーで運ばれました。
いわゆる、失神です。

救急の先生が処置。
その後、担当医も来ました。
心臓から送られる血液の出口の周りの筋肉が硬くなり
出口を圧迫していて、血液が送られにくくなっているとのこと。
高齢なので、この状況がまた起こった時に
延命するかどうか、話し合った方がいい、と言われました。

え????
でも治療したら、こうして歩いて喋って食べて…
若い人のようには活動できないけれど、普通に生きていけるのに
処置しない、っていうことがあり得るの???

その時はバタバタしていて、話を聞くだけで質問もできなかったのですが
後から考えると疑問がいっぱい。

弁膜症の手術をしてもらった心臓血管外科の先生の意見も聞きたくて
今月初旬に予約を入れました。

循環器の先生曰く
「薬を飲んで改善される見込みは低いけれど、一応飲んでみましょう」とのこと。
年末年始なので手続きも難しいため4日まで入院、と言われました。
ですが婆が「ゆづが一人なので帰りたい」と猛アピール。
年末に退院して来ました。

体調は確かにいまひとつですが、
「補聴器の調整に行きたい」とか「お赤飯炊くから小豆買って来て」とか
気持ちも前向きだし、まぁまぁ普通にしています。

ただ、施設に入っている爺の一時帰宅などには対処が難しそう。
となると、爺も施設の変更をしないといけないかも…。
今は小規模多機能の宿泊を月29日使用している状況なので
月1回は必ず家に戻らないといけません。
帰ってこない状況にするには、グループホームに入所するなどを考えねば。
とすると今より更にお金がかかる…。

婆もこの先どうなるかわからないし、もうどうしたらいいのか。

介護って、お金がないと選択肢が狭くなって
家族にかかる負担は増える一方。
頭がいたいです。

まずは4日に婆のケアマネさんと相談。
10日に心臓血管外科の先生と相談。
その後に爺のケアマネさんと相談。
という手順にしました。


年末のゆづの家族記念日も何もしてあげられず
ゆづが不憫でなりません。
1ヶ月遅れで何かしてあげようと思います。
nice!(19)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

補聴器 [介護]

咳は一向に治らず。
咳1回につき2kcal消費だというので、
またカロリー消費出来た(ーー;)と思う様にしています。


さて、最近の婆とのやり取りは…

「耳が全然聞こえない。」
「補聴器、調整に行けばいいじゃん。」
「何度やってもダメだからもういい。」

また翌日
「耳が全然聞こえない。」


…という負のループ。
婆の使っている補聴器は、補聴器としては最低ランクのもの。
右耳はほとんど聞こえないため、
左耳だけに装着するもので5万円くらいだったと思います。

新しくするしかないか、と思い、眼鏡屋さんへ。
安いものでも高いものでも、音自体を大きくする機能に大差なく、
違うのは、雑音を排除出来るかとか、
どの部分の音をよく聞きたいかなどの調整が出来ることだそうです。

お勧めは24万くらいのもの。
あ〜やっぱりね>_<
スマホでも自分で調整が出来る、ということなので
その機能は必要ありません、と言ったら
1ランク下の22万のものを勧められ、それを購入。
(補聴器は消費税がかからないので、そのまま22万円。)

難聴で身体障害者手帳があれば1割で購入できるそうですが
婆の持っているのは心臓に関してなので、もちろん控除なし。

でもまぁ毎日使うものなので、これで少し聞こえる様になってくれたら
無駄な出費にはならないかなぁ…。
はぁ〜…働けど働けど…

nice!(13)  コメント(3) 

ヘルパーさん [介護]

今日はオフ。
婆の眼鏡を作り替えに眼鏡屋さんに連れて行きました。

「目がぜんぜん見えない」
「眼鏡がぜんぜん合ってない」
「テレビも見えなくてつまんない」

こんな愚痴を聞くのにうんざり(ーー;)
「眼鏡作りに行こう」

そういう私に
「高いからいい。いらない」

そしてまた
「目がぜんぜん見えない」
に戻ってループ[もうやだ~(悲しい顔)][もうやだ~(悲しい顔)][もうやだ~(悲しい顔)]

もうこりゃダメだ、と何も言わずに車に乗せて眼鏡屋さんへ。

視力検査やらフレーム選びやらで、ご機嫌(ーー;)
あ〜もうやれやれ(-_-)

結局、眼鏡屋さんの入っているショッピングセンターの
夏物のバーゲンで洋服も買い、嬉々として帰宅。
疲れます。


久々に一緒にいて話がたくさん出来たので、ヘルパーさんの感想を聞いてみました。
話はたくさん出来ているようです。
洗濯はタオル類のみほしてもらって、その他、下着などは婆が干しているとのこと。
掃除は掃除機をかけるのみで拭き掃除などは無し。
掃除機をかけるにあたって、何かものをどかさなければいけない時には
その都度「これを触っていいか」と聞かれる。
いろいろ気を遣っているのがわかる。
などなど、言っていました。

お風呂の件は
「裸見られるの、いいの?」と聞くと
「え?あ、そうか、入ってくるのか…」
「別の部屋には居ないでしょ。」
「ちょっと考えるわ」
とのこと。
別の人で、と言うことに遠慮があるのかなぁ…。
またお風呂の見守りを頼む時になったらじっくり話してみます。



JR某駅のエスカレーターのベルト、可愛いです[黒ハート]
IMG_3913.gif
「手すりにつかまろうキャンペーン」の一環かな。
nice!(16)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

まさかの… [介護]

ヘルパーさんが来ました。
私は仕事に出ている時間なので、会ってはいません。

契約の時にいらしていた方は、ヘルパーさんではなく
事業所の代表の方だったようです。

ヘルパーさん初日、やって来たのはまさかの…男性!
婆から慌てたLINEが入っていました。

契約時には週2回、掃除や洗濯を一緒にやる、ということになりましたが
下着とか婆は平気なのだろうか…。
更に、冬になったらお風呂の見守りもお願いするのに
男性でいいのか…。

まぁお仕事なのだから、ありなのかなぁ。
私はなんとなく、不安。
婆自身は、お掃除して綺麗になって嬉しい、とのこと。
男性であることは、気にしていないようです。

ヘルパーさんも猫様と暮らしているそうで、
ゆづのことも可愛がってくれます。
その点はポイント高いです^^;

まぁ何度か来て頂いて、
その後に婆にまた感想を聞いてみようと思います。
nice!(14)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

ヘルパーさん [介護]

母のヘルパーさんが決まり、契約を交わしました。
と言っても私の休みの日に当てられなかったため、
私はまだお目にかかっていません。
「感じの良い明るい人」と婆には概ね好印象。

週2回、1時間来てもらい、洗濯と掃除を手伝ってもらいます。
寒くなったらお風呂の介助も週2日追加する予定です。
うちは昭和の浴室なので、湯船が深く、年寄りには優しくありません。
今はシャワーなので大丈夫なのですが、
寒くなったら、やはり湯船に浸からないと…。

IMG_6374.gif

ヘルパーさんが来ることで、色々なことが好転すると良いけれど…。

「つまんない…死にたい」
なんて言い出すと、もうこっちも
「いったいどうすれば良いのよ!!」
ってイライラしてしまいます。

テレビで活き活きと生活している高齢者を見て
「なんでうちはこんな風なんだろ…」
とため息つきまくりの今。

nice!(14)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

ケアプラン見直し [介護]

IMG_1634.gif
流し目


婆のケアマネさん来訪。
ケアプラン追加の相談をしました。
ゆづはケアマネさんを家族と思っているようで、全く平気。
すりすりして仲良しです。

今日はケアマネさんと話しながら、も〜の膝の上で爪切り^^;
ちょうどポケ〜としてきて、タイミングが良かったので…。


さて、介護1から支援1になってしまった婆。
再認定の場で、猛烈なアピール!
無事に、介護1を勝ち取りました(^。^)

今は週2日、2時間のデイケアに行っていますが
介護1だとまだ余裕があるので
少しプランを増やそうと思い、今日の相談となりました。

ただ、婆自身は出かける日を増やすのはイヤ、とのこと。
私としては、人とたくさん話をして欲しい。
その2つを両方叶えられるのは「ヘルパーさんを頼む」こと。

ヘルパーさんに頼めるのは
「身体介護」「生活援助」の2種類ですが
身体介護は同居の家族がいると難しいようなので、
生活援助を申請してみることに。

週に1回、1時間くらいでも、誰かに来てもらって
洗濯のお手伝いとか、お昼ご飯を一緒に作ったりとか
お掃除を一緒にしたり…
その間にたくさんおしゃべり…そんなことが出来れば理想です。

まぁ婆との相性もあるし
私としては、ちょっと不安ですが
生活にハリ…というか変化は出来るので良いかな。

まずは申請が通るか、ということですが。
nice!(19)  コメント(5) 

福祉用具 [介護]

新しいMacと格闘中。あれこれ設定の日々。
ATOKが使えないのは痛い…。
仕事関係のソフトは買い直しましたが
日本語入力も勝手が違うと大きなストレスだぁぁ(>_<)
買わなきゃダメかなぁ…はぁ〜


さて
も〜宅で使用中の福祉用具は
トイレの手すり(レンタル)、浴槽に付ける手すり(購入)、
外のアプローチの手すり(住宅改修)
の3つ。

昭和の我が家は、何もかもがバリアフリーにほど遠く、
玄関の段差も結構怖いです。

そこで、玄関にも手すりをレンタルすることにしました。
IMG_3831 (1).jpg

左右どちらにも手すりがある方が安全ですが
「猫ちゃんの柵があるので難しいですね(^^;」とのことで
片側になりました。
もう片方には、ただの棒を取り付ける予定です。
(今日は業者さんが持って来ていなかったので後日。)
突っ張り棒の様な形状の福祉用具です。それがあるだけでも安心かな。


今日はケアマネさんも同席で、
業者さん2名と合計5人で話したのですが…

13 (1).jpg

青丸が業者さん。
応接テーブルでこんな風に話しました。
テーブルの上の茶色は…王子です[あせあせ(飛び散る汗)]
あっちへコロン、こっちへコロン…。
書類はテーブルの端っこに。
ケアマネさんのお隣の業者さんはずっと撫でていてくれました。

IMG_3824.jpg
ボクはすべてのげぼくにフレンドリーなんだ〜[るんるん]
nice!(18)  コメント(7) 
共通テーマ:日記・雑感

介護認定 [介護]

婆の介護認定、今まで要介護1だったのに…
今回の査定で、要支援1になってしまいました。

ケアマネさんもガッカリ。
これで、今まで週2回通っているデイケア(リハビリ)も1回しか通えなくなります。
日中、私もいないので、デイケアだけが唯一人と会話出来る場なので
1回では…(>_<)
婆本人も「2回行きたい」とのこと。
ならば自費で、とも思いましたが、自費での受け入れは全ての施設で行われているわけではないそうです。

ということで、7月にもう一度、認定調査をして貰うようにしました。
ケアマネさん、一生懸命動いてくれています。
そもそも、どんどん認定が厳しくなっている上に、
今回調査に来たかたは「厳しくて有名」な人だったようです。
人によって差があるのってどうなのかなぁ(-_-;)

介護認定はとにかく、「どれだけ介護が必要か」というポイントで見るそうなので
たとえば「杖を使わないと歩けないんです」ということも
「杖を使えば歩ける」と解釈されて、自立になってしまうとか。
「お風呂も大変なんです、服を脱ぐのも時間がかかるし、
身体を洗うのも座って休み休みで…」
なんて言ったらやはり「自立」。

あぁぁ〜困りました。
幸い、ケアマネさんが
「ウソをつくわけではないけれど、あまり取り繕って<出来ます>アピールしない方がいいので、今度の認定調査前に、対応を少し練習しましょう」
と言ってくれました。

以前のケアマネさんなら
「要支援になりましたかぁ。ではデイケアは週1ですね」
で終わっていたと思います。
本当にいい人に変わってよかったです…。


余談で…
ケアマネさんの所属事業所が変わった件、何故だか聞いてみました。
なんと…以前の事業所の上の方が横領しているという事実が判明。
このままでは、利用者さんがデイケアに行けなくなったりしかねないため
ケアマネさん全員で他の事業所に移ったそうです。
びっくりびっくり。
介護を食い物にするなんて…。罰が当たるよ!(`_´)
nice!(21)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

介護イロイロ [介護]

4月に厚生労働省の介護報酬の改定があるそうで、
爺の入っている施設と契約書を新たに交わしました。
今までと変わるところはありませんが、
変更された部分の書かれた「重要事項説明書」に
ハンコを押さないといけないそうです。

施設の方が仰るには
最近はテレビを見たりする時間も減って寝ている時間が多いそうです。
少し認知症が進んだ様に思います、とのこと。

認知症と診断されたのが平成28年夏。
その前になにかおかしいという状態になったのが28年始め。
まぁそろそろ、顕著になってくるのかなぁ。
オムツはしていますが、大きい方はトイレで出来ている様です。
はぁぁぁぁぁ…。
お金はかかりますが、施設において貰えて本当によかった。
家にいたら、婆も私も介護出来る自信は全くありません。


さて母の方。
担当のケアマネさんからメールで
「所属する居宅支援センターが閉鎖になる」と連絡。
連絡が来たのが4月24日。閉鎖になるのは4月末日。
こんなにも急に決まるものなのか(・o・)
経営が立ち行かなくなって潰れたということなのかな??

ま、でもケアマネさんは他の居宅支援事業所に移動して
引き続き、母を担当してくれるそうです。ホッ。
でもまたこちらも書類の手続きが色々必要なんだそうです。
バタバタします(>_<)
nice!(16)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感