So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

システムトイレ [にゃん]

また尿検査の必要も出てくるかと思い、
採尿のしやすいシステムトイレを購入。

もし嫌がったら…と思って今あるトイレと並べておいておいたら…
25.jpg


26.jpg
ちゃいろいのがうんにょようで、しろいのがちっちようだね!

…と思ったらしく(^^;
毎日、システムトイレにうんにょ、普通の猫砂の方にちっちを
するようになってしまいました(・o・)

猫砂のトイレは既に3カ所あるので、
これでゆづのトイレは4つになりました(-_-;)

下僕のトイレは1つだというのに…
nice!(22)  コメント(7) 
共通テーマ:ペット

介護認定 [介護]

婆の介護認定、今まで要介護1だったのに…
今回の査定で、要支援1になってしまいました。

ケアマネさんもガッカリ。
これで、今まで週2回通っているデイケア(リハビリ)も1回しか通えなくなります。
日中、私もいないので、デイケアだけが唯一人と会話出来る場なので
1回では…(>_<)
婆本人も「2回行きたい」とのこと。
ならば自費で、とも思いましたが、自費での受け入れは全ての施設で行われているわけではないそうです。

ということで、7月にもう一度、認定調査をして貰うようにしました。
ケアマネさん、一生懸命動いてくれています。
そもそも、どんどん認定が厳しくなっている上に、
今回調査に来たかたは「厳しくて有名」な人だったようです。
人によって差があるのってどうなのかなぁ(-_-;)

介護認定はとにかく、「どれだけ介護が必要か」というポイントで見るそうなので
たとえば「杖を使わないと歩けないんです」ということも
「杖を使えば歩ける」と解釈されて、自立になってしまうとか。
「お風呂も大変なんです、服を脱ぐのも時間がかかるし、
身体を洗うのも座って休み休みで…」
なんて言ったらやはり「自立」。

あぁぁ〜困りました。
幸い、ケアマネさんが
「ウソをつくわけではないけれど、あまり取り繕って<出来ます>アピールしない方がいいので、今度の認定調査前に、対応を少し練習しましょう」
と言ってくれました。

以前のケアマネさんなら
「要支援になりましたかぁ。ではデイケアは週1ですね」
で終わっていたと思います。
本当にいい人に変わってよかったです…。


余談で…
ケアマネさんの所属事業所が変わった件、何故だか聞いてみました。
なんと…以前の事業所の上の方が横領しているという事実が判明。
このままでは、利用者さんがデイケアに行けなくなったりしかねないため
ケアマネさん全員で他の事業所に移ったそうです。
びっくりびっくり。
介護を食い物にするなんて…。罰が当たるよ!(`_´)
nice!(21)  コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感

病理の結果 [雑談]

雨模様でうっとおしいにゃ〜
IMG_3763.JPG



下僕、今日は抜糸へ。

パチパチ切って終わり。

体癌の時は病理の結果が出るまで1ヶ月以上かかったので、
まさか今日聞けるとは思わず
「病理の結果なんですけど…」
と話し出した先生にびっくり!

診断は脂漏性角化症という、不治の病!?でした。
簡単に言えば、年寄りイボ(-_-;)
切ったので取れたけれど、まだどこに出来ることやら…。

癌でなかったので、年寄り呼ばわりされてもヨカッタとしましょう(^^;
治療はこれで終了。
鼻の横にもアヤシいものがあるので、
成長してきたらまた行ってみようと思っています。


抜糸前後の写真を載せておきます。
気持ち悪いので白黒。
怖い方はスルーで!


続きを読む


nice!(18)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

手術してきました [雑談]

お腹に突然出来たホクロ状のもの。
老人性のものなら液体窒素で取れるはず、取れなければ他のものの可能性あり、
と言われ、液体窒素を当てましたが、取れず。
もう1回やってみましょう、と2回目、でも取れず。

切り取って詳しく調べた方が良いとのことで
今日、日帰り手術してきました。
怖かった(>_<)
局所麻酔なので意識ははっきり。
「痛くなったらどうしよう」という思いが常にあり
これなら子宮体癌の時の方が楽だった〜(>_<)

外来手術なので、手術室に行くわけでも無く、
皮膚科外来の一角にある処置室で。
でも一応、手術室みたいな明かり(丸がいっぱいって感じの(^^;)はありました。

指で酸素を測り、血圧と熱も。
それからタオルやらビニールやら掛けられ、消毒、マーキング、麻酔。
麻酔はそこそこ痛かったですが、想定内。

その後、切除。早かった。船の形にえぐると言ってました。
それから縫い合わせるのですが、これが長かった〜。

それからガーゼを貼って、また酸素と血圧を測っておしまい。

検体を見ますか?と言われたので「はい!」
本当に船の形でした。メスってスパッとよく切れるんだなぁ〜。

66.jpg

今日はおとなしくしてます。

処方されたのは、抗生剤と軟膏のみ。
痛み止めはないのか〜(・o・)

今、手術から4時間くらいですが、痛みは全くありません。
麻酔が残っているのか、お腹っていうのは痛みに鈍感なのか?

中は溶ける糸、外は1週間後に抜糸です。
病理の結果はもう少し先かな?
老人性でありますように(^^;
nice!(23)  コメント(9) 
共通テーマ:日記・雑感

大丈夫でした [にゃん]

ウロキャッチャーでの採尿、
どこのトイレにいつするかを見張るのも現実的でなく
結局あきらめました(-_-;)
ネットで検索したやり方、猫砂を一握りまで減らし、
下僕が時々トイレを巡回し、トイレの底にたまったちっちを発見したら
すぐにタッパに入れる方式で採尿。

先生曰く、濃いおしっこで問題ない、とのこと。
人間では最近になって腸腎連関が明らかになっているそうですが
まだ猫ちゃんに関しては研究途中なので、
普通に気をつけていればいいようです。

フードの切り替えについても、今の買い置きが終わったところで
徐々に、で良いと思います、とのこと。
57.jpg
試供品を頂いてきました。
ゆづには、ステージ1ライトの方を勧められました。

メールケアよりもカロリー控えめ、腎臓の健康を維持するためにリン含有量も調整、
アミノ酸とかビタミンなどの内容も変わっているようです。

はぁ〜。とりあえずよかった…。
今後、だんだん年をとっていくのは避けられないので不安ですが
気をつけて見ていきます。
60.jpg
ね!


実は、アニコムからの「腎不全リスク高」の結果を見た婆やの具合悪くなり
寝込む始末。
婆が食事もとらずに寝てばかりいるので、ゆづもポケーッとしてしまい
それを見た婆が「ゆづも具合悪そう…」と言いだし…
全くの悪循環。

「今どうこうってわけじゃないでしょ!神経質すぎる!
ゆづにうつるから、普通にしてて!!」
って、こっちもイライラ。

今回、先生に「(今は)大丈夫です。」と言ってもらえて
婆はすっかり普通に戻りました。
するとゆづも、あしょんで〜!と走り回りだし…。
はぁぁああ(-_-;)
疲れました。
nice!(19)  コメント(9) 
共通テーマ:ペット

ゆづ病院へ [にゃん]

便を調べたところ腎不全リスクが高い、との通知がアニコムから来たので
今日は病院へ。

行ったら待合室に猫ちゃん。
受付にいる先生のお母様が
「ごめんなさい。今緊急で処置に入ってしまったので
お待たせすると思います。」
とのこと。
「待っていても良いなら待ちますが…」
と言って、待たせて貰いました。

待合室は丸椅子が3つしかないので
猫ちゃんとカイヌシさんのお隣に座りました。
随分待っているようで、猫ちゃんなきまくり(^^;
「うるさくてごめんなさいね〜(^_^;」
って言われました。
ゆづはガン無視。キャリーの中で香箱組んでました。

診察室から聞こえてきたのは、結石の詰まった猫さんの様子。
おしっこが出なくて慌てて来たのかな。
15分くらいで終わりました。

その頃にはワンコが1匹やって来て、待合室は満員。

なきまくりの猫さんは予防接種。
で、すぐ順番が回ってきました。

さて診察。
診察台でキャリーを開けたら…シャーーーーーッ!
もう今まで見たことが無いくらい、大暴れ(-_-;)
先生「お待たせしちゃったからかな。すみません。」
その言葉が聞こえないくらい
シャーシャーニャ゙ーニャ゙ーノォオオオーウゥウウウウウヴーーー

アニコムから送られてきた通知を見せたら
「う〜ん、腸内フローラで腎不全のリスクを測るのは
知らなかったです。」
現在検証中、との記載はあるので先生がご存じなくても仕方ないかな。

「血液を採れば現在の数値はわかりますが、
この状態だとゆづるちゃんにはすごいストレスになるでしょうから」
そうね(-_-;)
「まずは尿検査をしてみましょう。」

お腹を押して…とトライしようとしましたが
大暴れは続いていて、断念。

そして渡されたのが、棒の先にスポンジがついた採尿キット。
家で、ちっちの時にサッと尿に当てるそうです。
無理っぽい(-_-;)

システムトイレだとうまくいきそうなので将来のことも考えて買おうかな。
とりあえずは、猫砂をほんの一握りくらいにしておいて
そこにたまった尿を速効採取する、という方式でやってみようと思います。
スポンジに取ったら1時間以内に持って来て、ということなので
土曜の早朝のちっちを採って、出勤前土曜の朝イチに持っていく予定です。
砂が少なくても、普段通りにしてくれるかなぁ…。


診察室から出たら、ワンコさんのカイヌシさんと目が合い
「お疲れ様です」と言われてしまいました(^^;

それにしても…あんなに暴れてひっちゃかめっちゃかになっても、
顔を押さえたりするも〜に噛みついたりしないのには感心します。
お遊びの時に噛むのは「遊び」ってわかっているんだなぁ。
nice!(16)  コメント(7) 
共通テーマ:ペット

手の外科&皮膚科へ [雑談]

2日連続、病院に行ってきました。
自分がミュンヒハウゼン症候群じゃないかと思う時が時々あります(^^;←Jokeです


まずは手の外科。
完全予約制である理由がわかりました〜。
この大きさだったら、予約制にしないと人だらけになっちゃう、
というくらい、小ぶりな病院でした。
総合病院ではありますが、都心の小さなビルです。

内装はホテルのよう。落ち着いた雰囲気でした。
予約だけあって、待つこともなく。
1階受付で問診票を書いてすぐ4階に行くようにいわれ
4階の診察室に座ったら数分で呼ばれました。

レントゲンで骨には異常なし。
やはりバネ指のようです。
53.jpg
矢印の先、3本のトンネルのような盛り上がりがあります。
これ自体は腱ではないですが、腱が短くなることで最短距離を動こうとするので
こうやってお肉を盛り上げてしまうんだそうです。
何故腱が短くなるか?…KAREIの仕業です(-_-)

さて治療ですが、まずはサプリを3ヶ月。
それでダメならステロイドの注射だそうです。

サプリ???…と、なんだか良い気持ちがしなかったのですが
調べてみたらわりと評判のよいものなので
ダメ元で飲むことにします。

購入先は病院でも良いし、Amazonなどでも良いですよ、とのこと。
Amazonでちょっとだけ安くなるのでそちらで買いました。
大塚製薬のエクエルというサプリです。

先生からは
「子宮体癌の経過観察をしてくれている先生が、もし
『サプリはやめた方がいい』と仰ったら、飲まないで良いですよ。
命を診てくれている先生だからね。そうなったらまた別の方法を考えましょう。」
と言われました。

予約は3ヶ月後。
よくなるかなぁ…。


次に皮膚科。
いきなり出来たホクロ、液体窒素で取れたら悪いものではない、とのことでしたが
1週間経つのにまだ取れない(><)
でも先生曰く、
「もうすぐ取れそうに見えるんだけど…」
とのことで、今日もう一度、液体窒素を当てました。
次は2週間後。これで取れていなかったら大変だ…。

nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感